30代の結婚事情

婚活して本当に良かったです。

30代の結婚事情

「結婚」というものを最も意識するのは、

20代後半の男女と言われています。

では30代の男女はどのような結婚観を持っていて、

どのようなウエディングを望んでいるものなのでしょう?

そのあたりの事情を考えてみたいと思います。


統計的には30代女性の未婚率は25%前後のようで、

実に4人に1人が未婚らしいです。

これは男性でも同じ程度の割合だそうです。

さらに、35歳以上の方が独身である場合、

そのうちの90%もの方が一生涯を独身で過ごしてしまうという、

大変に驚くべき調査結果も存在しているようです。

いやはや、30代と一口に言いましても、

その前半と後半では相当な壁が存在するようです。

それにしても一生をウエディングと無縁だなんて、

ちょっと悲しい印象を受けますよね。数字は残酷です。


30代の結婚観というものは統計による数字だけではなく、

その声にも表れているようです。

少し昔であれば「結婚しない理由は?」と尋ねれば、

「出会いのチャンスが無くて」とか、

「いい人がなかなかいないので」などという声が多く聞かれていました。

ところが近年になると。

「結婚は面倒くさくて煩わしい」や、

「結婚する必要を感じていない」という

ウエディングへの道を遠ざけているかのような声も増えてきています。

現在は悩みというよりも、スタイルの表明みたいにも受け取れますね。


近年では30代に限らず、男女共に努力家が増え、

その結果として「結婚相手にも高い価値観を求めて」しまう。

そんな事情も見え隠れしているようです。

就職活動を就活と言うことになぞらえて、

最近では婚活だなんて表現も生まれているようで、

ウエディングを取り巻く社会環境も年々変化を見せています。