彼の子供達も一緒に結婚式

婚活して本当に良かったです。

彼の子供達も一緒に結婚式

若い人に比べると乗り越えてきた苦労も大きい30代。

そんな30代のウエディング・挙式で時折見られるのは、

結婚相手の子供が一緒に参加する光景です。

いわゆるデキちゃった婚とは異なり、

相手が×イチ(バツイチ)再婚で、

子持ち・子連れのケースですね。


いろいろな理由があると思います。

一生の愛を誓った奥さんと死別という、

辛い経験を乗り越えての結婚かも知れません。

はたまた、性格・生活上の不一致により、

残念なことに離婚に及んだケースなのか。

30代なのでですから、それはもう様々ですよね。


そしてウエディングに臨んでいる以上、

そのお子さんの存在であったり、

離婚経験であったりを隠す必要は無いでしょう。

30代で再婚するということはお互いに、

子供も過去も全てを受け入れての決断だと思います。


さて、具体的にはウエディング・挙式において、

お子さんをどのようなポジションに置くものでしょうか。

皆様、いろいろと工夫なさっているようです。

披露宴という言葉の通りに、

新郎新婦の二人だけでなく子供も含めて、

しっかりと「ご披露」して祝福を受けたいですよね。

バージンロードを子供と三人で歩いた方や、

席次に「新郎の長男」などと表現してアピールされた方など、

いろいろといらっしゃるようです。

子供がいれば子供が主役。

大人な30代の考え方があればこそ、

実現できていると言えますね。


ウエディング後の新婚旅行に子供を連れて行くかどうか、

そういうことも、しっかりと30代のお二人で決めてください。

預かってくれる親戚がいるというのも心強いですよね。