結婚相手がバツイチだったら

婚活して本当に良かったです。

結婚相手がバツイチだったら

幸せなウエディングのためには、

解決しなければならない事柄は多くあります。

30代のカップルともなれば、

相手が×イチ(バツイチ)で再婚である、

なんてこともあると思います。

さて、どういった点に気を配るべきでしょうか


離婚経験があるということも含めて、

結婚という決断に至った30代のお二人ならば、

将来のためにもウエディングには堂々とした態度で臨みたいものです。

一般には後ろめたい印象もあるのかも知れませんが、

ありのままの自分たちを祝福してもらえるよう、

努力をしてみましょう。


新郎新婦が死別により前の伴侶を失っている場合、

その亡くなった連れ添いのご両親へ対しても、

再婚して新しい門出をする旨をしっかりと伝えたいものです。

その上で、ウエディングへ招待するかどうかも、

お互いの気持ちを確認した上で決めていきましょう。

30代です。きちんと出した結論を納得してもらえるよう、

大人の態度でご報告をしましょう。

くれぐれも、相談もせずに招待状を出すような失礼な振る舞いは、

控えるように注意しましょう。


新郎が再婚で新婦が初婚の場合だと、

普通のウエディングと同じ規模で挙式するカップルが多いようです。

やはり女性は大事にされている証拠ですね。

逆に、男性が初婚であっても女性が再婚だと

身内だけのお披露目だけに留めるカップルもいるようです。

再婚だからとか、子連れでみっともないからとか、

そんな理由に振り回されることの無いよう。

しかしそれでいながらも30代としての思考力で、

自分たちの周囲を取り巻く環境に合わせる配慮も忘れずに。

そんな「自分たち流」の結婚式のスタイルを模索してみましょう。