30代だから知っておきたいウエディング 結婚式でのマナー

婚活して本当に良かったです。

30代だから知っておきたいウエディング 結婚式でのマナー

ウエディングにまつわるマナーは沢山あります。

30代のお二人ならしっかりと心得ておいて、

素敵な思い出の残る結婚式にしたいものです。

「そんなの当たり前!」と思われるようなことでも、

現実に相当数の事例が報告されているようです。


「挙式の最中に携帯電話で話さない」

ウエディングの最中であれば新郎新婦であれ参列者であれ、

やはり見ている方は気分の良いものではありません。

30代のお二人は、どうしても必要な場合は退席して、

周囲に迷惑が掛からないように心掛けましょう。


「酔っ払わない」

新郎新婦では少ないと思いますが、

やはり調子に乗るとお酒が過ぎています。

そんな新郎もいらっしゃるようです。

人生最大の華やかなウエディングを台無しにしないように、

そして思い出が前後不覚なんてことにならないように、

30代らしい、しっかりとした自制心を持ちましょう。


「遅刻をしない」

ウエディングの挙式・披露宴はスケジュールが決まっています。

式場のスタッフにも大変迷惑がかかりますし、

ましてや参列して下さった方々に迷惑をかけてしまうようでは、

30代の門出としては先が思いやられます。

しっかりと無理のない時間配分を心掛けましょう。


「挙式の最中にメイクを直さない」

これは女性限定になると思います。

30代でなくとも、ウエディングでなくとも、

やはり人前でメイクを直すというのは避けるべきです。


いかがでしょう。

30代のお二人は、後からハっとすることがないように、

しっかりとした心構えでウエディングに臨みましょう。