30代だから知っておきたいウエディング 国際結婚編

婚活して本当に良かったです。

30代だから知っておきたいウエディング 国際結婚編

30代ともなれば交友関係も様々です。

日本人とではなく、外国人の方と国際結婚される方もいらっしゃいます。

国際結婚としてのウエディング。

どんなことを知っておくべきでしょうか。


日本人と外国人の結婚(婚姻)としては、

手続きが2種類あります。

・外国で婚姻手続きをして、日本に届出を行う。

・日本で婚姻手続きをして、相手の国に連絡をする。

通常の婚姻届とは異なり、必要となる書類も多くあります。

相手の国籍によっても内容が異なるので、

30代のお二人は手違いが無いように、

市役所や領事館へ連絡を取りながら、

ウエディングに合わせて準備を進めましょう。

また、日本以外での婚姻手続きであれば、

その国の法規定により準拠法が決定されます。

(年齢の規定など)


結婚する外国人の相手が独身であり、

結婚することが出来る年齢であることを証明するための

「婚姻要件具備証明書」という書類が必要となります。

相手の国によっては別の書類が必要になる場合もあります。

主に在日大使館・領事館にて有料で発行して頂けます。

更には提出する相手の国に応じた言語での翻訳が必要です。

自分で翻訳しても良いですが、翻訳者の名前を明記しなければなりません。