結婚式写真前撮り派?当日撮り派?

婚活して本当に良かったです。

結婚式写真前撮り派?当日撮り派?

ウエディングといえば華やかな新婦の衣装ですね。

30代の皆様も理想はいろいろとあると思います。

そんな華やかな瞬間を記録として残すのが写真です。


当日に写真を撮影するのは当然ですよね。

ウエディング会場での衣装であったり、

集まった親族との撮影であったり、

御両親との撮影であったり、

たくさんの思い出を記録できます。

しかし、撮影の時間を長く必要とするために、

当日にゆっくりできないというデメリットも生じます。

30代のお二人には、もう少しスマートな方法もあるように思えますよね。


前撮りという方法があります。

挙式前にまとまった時間を確保しておいて、

ゆっくりと写真の撮影だけを行うものです。

事前に写真をたくさん撮っておくことで、

挙式当日には時間的に若干の余裕が生まれるかも知れません。

また、衣装を合わせながら行う場合もあるため、

ウエディング当日は着用しないような衣装で、

写真を残すことも可能なのです。

これは30代の新婦にとって大変嬉しいメリットですよね。


前撮りもロケーションを打ち合わせして、

スタジオの外で撮影することも可能です。

自然溢れる緑の公園であったり、

格調高い洋館を使って撮影してみたり、

30代の皆様のアイディア次第で演出は様々です。

撮影で外にいると「おめでとう!」なんて

見知らぬ人からでも声を掛けられたりします。

嬉しいですよね。これもウエディングの醍醐味です。


前撮りした写真をウエディング当日の

ウエルカムボードに飾ったりもできますので、

30代らしいオリジナルの工夫を御検討されてみてはいかがでしょう。