新郎妊婦のおめでた婚・授かり婚

婚活して本当に良かったです。

新郎妊婦のおめでた婚・授かり婚

以前はドコとなく恥ずかしい印象の強かった「おめでた婚」。

デキ婚(デキちゃった婚)やショットガンマリッジなどより、

30代の皆様であれば「授かり婚」と言った方が知性的ですよね。

ママリッジなんで言葉も登場しているようです。

ママ(母親)でマリッジ(結婚)なわけですね。

マタニティウエディングにとって、

オープンな時代になったのだと思います。


結婚して妊娠するのが普通であり正しい。

その価値観もどうかとは思います。

愛し合った結果として子供を授かり、

結婚という決断をする流れも、自然なものだと思います。

30代の皆様はどう考えられますでしょうか。

さてさて、ウエディングの事も考えると、

なかなか別のことも考えなければいけません。


やはり妊娠している=母体であるため、

出産予定日が近づくにつれて、

ウエディングやその準備などで新婦(と赤ちゃん)への

負担が大きくなるのは事実だと考えられます。

通常であればゆっくりとしたスケジュールで進める結婚式も、

やはり妊婦ということであれば早急に挙式ということもあります。

六曜の大安吉日などにこだわってはいられませんよね。

逆に出産を終えて落ち着いた後で、

子連れウエディングを計画される方もいらっしゃいます。

やはり新婦と子供(赤ちゃん)の健康が第一ですので、

30代の皆様も慌てることなく、冷静に判断しましょう。